【2022年度最新】1級建築施工管理技士 技術検定の受験者数及び合格者数の推移

さて令和4年となり、1級建築施工管理技士の第一次検定及び第二次検定の試験制度も2年目です。

 

本記事は、昨年の令和3年(2021年)迄の受検者・合格者数・合格率の推移がわかるようにまとめた記事です。

参考までに、国土交通省は令和3年の合格者の属性も発表しています。

知りたい方は下記記事を参照ください。

 第一次検定(学科試験)の受験者数と合格者数(令和3年〜平成19年)

まずは学科試験から。平成19年(2007年)からの令和3年(2021年)の学科試験・受検者数と合格者・合格率の推移を見てみましょう。

ちなみに本年度2021年より第一次検定と名称が変わりましたが、この検定に合格すると『1級建築施工管理技士補』の資格が得られます。合格された方おめでとうございます。

年度 受検者数 合格者数 合格率
平成19年 23,871 11,088 46.40%
平成20年 25,686 12,783 49.80%
平成21年 25,195 8,782 34.90%
平成22年 25,640 10,437 40.70%
平成23年 22,284 8,312 37.30%
平成24年 22,385 11,414 51.00%
平成25年 20,576 9,677 47.00%
平成26年 20,580 8,562 41.60%
平成27年 25,452 11,103 43.60%
平成28年 25,639 12,675 49.40%
平成29年 24,755 9,824 39.70%
平成30年 25,198 9,229 36.60%
令和元年(2019年) 25,392 10,837 42.70%
令和2年(2020年) 22,742 11,619 51.1%
令和3年(2021年)
22,277 8,025 36.0%

令和2年のデータは昨年11月20日(金曜日)に発表されたものです。

令和元年度との比で受検者は約10%減っていますが、合格率は51.1%と昨年度比で8.4ポイント上昇しています。この数値はここ14年では一番合格率が高くなっています。

ですので受検者数が1年目より2,600人強減っていますが、合格者数は800名ほど増えていますね。

個人的に分析してみると、

・コロナの影響で今年の受検を回避した人が一定数いた。
・受検実施が4ヶ月遅くなったのと、緊急事態宣言の影響もあり例年より勉強時間が確保出来た。
と言ったところでしょうか。
次に本年度の令和3年を見てみましょう。
受検者は令和元年度あたりまで数値を戻すのかなと思っていましたが、昨年同様22,000人程度でした。
そして合格者は8,025人合格率は36.0%、昨年度比で3,600人も合格者が減っているのはとても大きい数値です。

ちなみに平成19年よりデータをまとめていますが、この合格率は平成21年度の34.9%に次いで低い合格率でした。

 

本年度より試験制度も変わり、新たに『施工管理法の応用問題』が6問出題されました。

この応用問題で60%の正答率がないと不合格、そうなると4問の正答が必要だったので合格率が低くなるかなと思っていましたが、蓋を開けてみると応用問題の合格基準は6問中3問の正解と見直しがあったようです。

試験制度の初年度はやはり少し難しいですね。

 

 

ちなみに過去の合格率を平均すると大体40%台が多いので、5人受験して2人合格している感じです。

そして受験者数はここ2年は22,000人台、それ以前の5年間は25,000人前後と安定はしていたので、また来年度以降がどうなるか気になりますね。ただ資格者の高齢化が進み、一方でなかなか若者に人気の低い建設業ですが、今後も安定した受検者がいると良いなと思います。

1級建築施工管理技士 実地試験の受験者数と合格者数(令和2年〜平成19年)

次に第二次検定(実地試験)の最新版です。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成19年 18,239 6,212 34.10%
平成20年 19,502 6,826 35.00%
平成21年 16,870 6,931 41.10%
平成22年 15,608 7,338 47.00%
平成23年 13,721 5,546 40.40%
平成24年 16,176 5,558 34.40%
平成25年 16,686 6,912 41.40%
平成26年 14,210 5,710 40.20%
平成27年 16,365 6,180 37.80%
平成28年 19,045 8,687 45.60%
平成29年 16,505 5,537 33.50%
平成30年 15,145 5,619 37.10%
令和元年(2019年) 15,876 7,378 46.50%
令和2年(2020年)
16,946
6,898
40.70%
令和3年(2021年) 12,813 6,708 52.4%

昨年度(令和2年)の実地試験の合格率は40.7%です。

実地試験におけるここ13年間における最高の合格率は平成22年度(2010年)の47.0%、最低の合格率は平成19年(2007年)の34.1%となっています。

ですので昨年度は、全体の平均値の合格率と言ってよいでしょう。ただし令和元年の合格率(46.5%)が高かっただけに、合格者数は1年前より500名ほど減っています。

平成29年度(2017年)の合格率が低いのは、実地試験の問題5の工程の出題内容が、過去長きにわたってバーチャート工程が出題されていましたが、この年(以降3年間も同様)からネットワーク工程が出題されて、全く回答できずに得点を大きく落としてしまった人も結構いたのではと勝手に想定しています。

そして本年度(令和3年)の第二次検定の合格率は52.4%とこれは平成19年以降の数値では一番合格率が高くなっていました

ビックリです。

令和2年比で受検者は4,100人強減っています。これは第一次検定の合格者数が前年比で3,600人ほど減っている影響もあるでしょう。

但し第二次検定の合格者数は、

令和2年 6,898人  ←第一次検定受検者 22,742人
令和3年 6,708人  ←第一次検定受検者 22,277人
とそこまで合格者数に格差は大きくはありません。
結論から言うと、本年度は第一次検定の合格率は低かったけど、第二次検定の合格率は高かった。
昨年比で言うと、第一次検定受検者 ⇒ 第二次検定合格者 の比率はほぼ変わらない。
という事が読み取れます。

 

令和3年は『施工管理法の応用問題』で足切りされた方も多かったように思います。

⇒これをクリアした多くの方が第二次検定の受検者だったので、高い合格率につながった。

 

結果的には第一次検定及び第二次検定全体としての難易度は大きく変わらなかった、とも言えます。

 

 

令和4年度の対策は?

昨年の第一次検定は試験制度改正初年度という事もあり、その対策にはストレスがあったかと思います。

本年度は、少なくとも昨年度の出題履歴からある程度の対策は可能です。

 

従来の試験内容に上記の内容がプラスされます。

まずは第二次検定でどんな問題が出題されるのか、その出題傾向を把握しましょう。

2021年度 1級建築施工管理技士 第一次検定を振り返る(レビュー)
令和4年度向けのテキストをご紹介しています。
法人企業向け資格取得サポートも行っています。

最新情報をチェックしよう!