1級建築施工管理技士 第一次検定(学科試験 )過去問の取組み〜第2回 共通(設備・契約)

1級建築施工管理技士の第一次検定対策の過去問の取組みは前回は建築学を取り上げました。

今回は、例年の問題16~20で出題される『設備・契約(施工全般)』を取り上げたいと思います。

 

ここで出題される内容は、

  • 設備に関連する工事(給排水・空気調和・電気・避雷・消火、消防設備等)
  • 測量、植栽や舗装に関する工事
  • 請負契約や積算

に関する問題です。

ここは体系的に学ぶ必要もなく、ただ過去問に慣れることで対応できる問題だと思います。

全問正答するつもりで準備して欲しいと思います。

共通(設備・契約)に関する出題

この問題16~20で例年出題されている内容は下記のとおりです。

問題 科目 令和3年 令和2年 令和1年
16 設備・契約
(5/5問)
測量 舗装 測量
17 電気設備 避雷設備 電気設備
18 給水設備 空気調和設備 給水設備
19 昇降設備 消火設備 昇降設備
20 請負契約 積算 請負契約

この表を見る限り、令和4年は

  • 舗装
  • 避雷設備
  • 空気調和設備
  • 消火設備
  • 積算

と言った令和2年の出題分野の可能性が高そうですが、まあここは測量・電気・給排水・昇降設備、請負契約に関する過去問も取り組んでおいた方が良いでしょう。

 

1.共通~舗装に関する問題

最初にアスファルト舗装に関する問題を取り上げます。

最近出題された令和2年の問題を取り上げてみましょう。

【問題】構内アスファルト舗装に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

  1. 盛土をして路床とする場合は、一層の仕上り厚さ300mm程度ごとに締め固めながら、所定の高さに仕上げる。
  2. アスファルト混合物の敷均し時の温度は110℃以上とする。
  3. アスファルト混合物の締固め作業は、一般に継目転圧、初転圧、2次転圧、仕上げ転圧の順に行う。
  4. アスファルト舗装の継目は、既設舗装の補修、延伸等を除いて、下層の継目の上に上層の継目を重ねない。

アスファルト舗装の問題は令和2年、平成30年、平成27年に出題されています。

解答・解説
(解答) ①
(解説)過去問から解答を見ていきましょう。
(平成30年)盛土をして路床とする場合は、一層の仕上り厚さ300mm程度ごとに締め固めながら、所定の高さに仕上げる。
→路床の仕上り高さは200mm以下です。よって解答は①ですね。
(平成30年)アスファルト混合物の敷均し時の温度は、110℃以上とする。
(平成25年)アスファルト混合物の締固め作業は、一般に継目転圧、初転圧、2次転圧、仕上げ転圧の順に行う。
→少し古い過去問ですが、参考までに
直近の平成30年の解答と同じなので、これは間違えられないですね。

 

2.共通〜避雷設備に関する出題

次に取り組みたいのは避雷設備に関する問題。

これはですね、もうそんな多くの選択肢もないので確実に押さえときたいですね。

最近では令和2年、平成30年、平成26年に出題されています。今回は令和2年の問題を取り上げます。

  1. 高さは15mを超える建築物には、原則として、避雷設備を設けなければならない。
  2. 指定数量の10倍以上の危険物を貯蔵する倉庫には、高さにかかわらず、原則として避雷設備を設けなければならない。
  3. 受雷部のシステム配置は、保護しようとする建築物の種類、重要度等に応じた保護レベルの要求事項に適合しなければならない。
  4. 鉄骨造の鉄骨躯体は、構造体利用の引下げ導線の鋼製部材として利用することができる。
解答・解説
(解答)①
(解説)これはサービス問題ですね。
(平成30年)高さが20mを超える建築物には、原則として、避雷設備を設けなければならない。
→高さが20mが正解です。
(平成26年)指定数量の10倍以上の危険物を貯蔵する倉庫には、高さにかかわらず、原則として避雷設備を設ける。
(平成30年)受雷部は、保護しようとする建築物の種類、重要度等に対応した段階の保護レベルに応じて配置する。
(平成30年・26年)鉄筋コンクリート造の鉄筋は、構造体利用の引下げ導線の構成部材として利用することができる。
鉄筋コンクリート造及び鉄骨造ともに、構造体利用の引下げ導線の構成部材として利用することができる、ので覚えておきましょう。

 

3.共通〜空気調和設備工事に関する問題

3つ目の課題は空気調和設備工事に関する問題です。

令和2年に出題されており、本年度も出題確率高めかなと思います。

【問題】空気調和設備に関する問題として、最も不適当なものはどれか。

  1. ファンコイルユニット方式における2管式は、冷水管及び温水管をそれぞれ設置し、各ユニットや系統ごとに選択、制御して冷暖房を行う方式である。
  2. パッケージユニット方式は、小容量の熱源機器を内蔵するパッケージ型空調機を、各空調区域や各室に設置して空調を行う方式である。
  3. 定風量単一ダクト方式は、還気と外気を空調機内で温度、湿度、清浄度を総合的に調整した後、ダクトにより各室に一定の風量で送風する方式である。
  4. 二重ダクト方式は、2系統のダクトで送られた温風と冷風を、混合ユニットにより熱負荷に応じて混合量を調整して吹き出す方式である。

 

解答・解説
解答 ①
解説 この問題は過去問をベースに考えるとわかる問題ですね。
①(平成30年)ファンコイルユニット方式における4管式は、2管式と比較してゾーンごとの冷暖房同時運転が可能で、室内環境の制御性に優れている方式である。
4管式は冷暖房同時運転が可能=冷水管と温水管をそれぞれ設置
※2管式は冷水管と温水管が同じで、冷暖房同時運転は出来ない。
②(平成30年)パッケージユニット方式は、小容量の熱源機器を建物内に多数分散配置する方式であり、セントラルシステムに比較して保守管理に手間を要する方式である。
(平成28年)二重ダクト方式は、2系統のダクトを送風された温風と冷風を、混合ユニットにより熱負荷に応じて混合量を調整して吹き出す方式である。これは各空調方式の特徴をしっかり理解しておけば、決して難しい問題ではないですね。

4.共通~積算に関する出題

4つ目の取組みは、数量積算に関する問題です。

令和2年、平成29年、平成26年に出題されています。

令和2年の問題を取り上げます。引っ掛け問題ではないですが、問題をよく読まないといけません、という例です。

【問題】数量積算に関する記述として「公共建築数量積算基準(国土交通省制定)」上、正しいものはどれか。

  1. 根切り又は埋戻しの土砂量は、地山数量に掘削による増加、締固めによる減少を見込んで算出する。
  2. 鉄筋コンクリート造のコンクリート数量は、鉄骨及び小口径管類によるコンクリートの欠除を見込んで算出する。
  3. 鉄骨鉄筋コンクリート造のコンクリート数量は、コンクリート中の鉄骨及び鉄筋の体積量を差し引いて算出する。
  4. 鉄筋の数量は、ガス圧接継手の加工による鉄筋の長さの変化はないものとして算出する。
解答・解説
(解答)④
(解説)この問題は、本技術検定では数少ない「正しいもの」を選ぶ問題です。(問題の大半は不適当なものを選ぶ)
時間のある第一次検定はしっかり問題を読み込んで、ミスを減らす意識が大切ですね。こちらも過去問から見ていきましょう。
(平成24年)根切り又は埋戻しの土砂量は地山数量とし、掘削による増加、締固めによる減少は考慮しない
→これは正しいです。なので①は『減少を見込んで』とあるので誤りですね。
(平成26年)コンクリートの数量の算出では、鉄筋及び小口径管類によるコンクリートの欠除はないものとする
→これも正しいです。なので②の『欠除を見込んで』は誤りです。
(平成29年)鉄筋鉄骨コンクリート造のコンクリート数量は、コンクリート中の鉄骨と鉄筋の体積分を差し引いたものとする。
→これは誤りなんです。正しくは、『鉄骨によるコンクリートの欠除は,第4章鉄骨に定めるところにより計測・計算した鉄骨の設計数量について7.85tを1.0m3として換算した体積とする。』※公共建築数量積算基準より引用
(平成24年)圧接継手による鉄筋の長さの変化はないものとする。
→これは正しいです。④と同じ内容なので、正解は④ですね。
※今回、平成24年と少し古い過去問ですが、令和2年受検者からすると、過去問対象範囲内です。(8年)

 

まとめ

共通・設備に関する問題は、

  • 給排水、空気調和、電気、避雷、消火、昇降設備に係る設備系
  • 測量、植栽、舗装に関する関連工事
  • 請負契約や積算に関する契約・見積関連の問題

が過去に出題されていますが、今回は主に令和2年に出題された舗装・避雷設備・空気調和設備・積算の問題を取り上げてみました。

5問出題されて5問解答する必要がありますが、問題及び解答・解説を見ても、基本的に8年程度の過去問に取り組んでいれば正解の取れる問題ですね。

ですので、基本的には5問中4問~5問は正解を取っておきたい問題ともいえます。

 

さて、次回は施工(躯体工事)を取り上げたいと思います。

 

過去問の取り組み(第1回〜第4回)

関連記事

第3回の施工(躯体工事)に続いて、今回は施工(仕上げ工事)の問題を取り上げたいと思います。 昨年より重要性がより増した施工関連の問題、ここで大きく点を失う事のないようにしたいところです。 どんな問題が出題されているのか理[…]

関連記事

さて前回の過去問の取組み、第2回 共通(設備・契約)に続き、第3回の施工(躯体工事)に取り組んでみましょう。   昨年度の第一次検定より、より重要性が増したのは施工(躯体及び仕上げ工事)に関する問題です。 […]

関連記事

さて令和4年(2022年)の第一次検定対策、出題分野別にどんな問題が出題されているのか? どう取り組んでいくべきか、例題に触れながら取り組んでいきたいと思います。 まずは例年に、問題1~15に出題されている建築学について[…]

最新情報をチェックしよう!