【令和4年】2級建築施工管理技士 第一次検定試験当日の心得・準備

さて令和4年2級建築施工管理技士技術検定第一次検定の日程も近づいてきました。

1級でも取り上げたのですが、試験当日の注意事項など試験実施団体が公開している内容で知っておくべき事項をまとめました。

 

当日までに良い準備をして試験を迎えたいですね!

本記事のポイント

・受検票のチェック
・当日の時間割や持ち物
・試験の際の注意事項
・不正行為
・成績の通知(不合格者)

受検票の確認

受検票は既に5月23日(月曜日)に発送されているので、その週の間に到着する事でしょう。

受検の手引きには、

5 月 3 0 日を過ぎても受検票が届かない場合には、 6 月 3 日(金)までに本財団へご連絡ください。試験終了後に問い合わせても、受検は欠席扱いとなりますのでご注意ください。
と記載されています。

また受検票はあくまでも紙なので紛失リスクもあります。届いたらとりあえずスマホなどで写真を撮っておきましょう。

合格発表まできっちり管理しておく必要がありますからね。

 

試験当日のスケジュール

試験日 : 令和4年6月12日(日曜日)

試験の時間割 :

入室時刻 9:45迄
試験問題配布説明 10:00~10:15
第一次検定試験時間 10:15~12:45

出題は50問で40問解答すれば良いので、2時間30分(150分)はとっても余裕のある時間です(笑)

 

注 1 受検票等忘失者は会場受付にて再発行手続きをおこなってください。(9時15分より受付)
注 2 入室時刻までに自分の座席に着席してください。(遅刻は厳禁)
注 3 大規模災害等により試験を中止、または試験時間の繰り下げ等を行う場合があります。
建設業振興基金ホームページより引用

試験は朝の9時45分までに入室が必要です。

場所にもよりますが、公共交通機関も何があるかわかりませんので早めの到着が無難ですね。

早めに行ってテキストの見直しの時間も欲しいところです。(気休めにはなります)

試験当日の持ち物

当日の持参品です。

【必須】
受検票
・HBで黒の鉛筆またはシャープペンシル
・消しゴム
第一次検定はマークシート式ですね。書きやすい自分にあった筆記用具は用意しましょう。
私などは自分に合わないものを使うと何気にストレスがたまります。
またマークシート式でも汚い消し方をすると回答が紛らわしくなる恐れがあるので、しっかり消せる消しゴムが欲しいですね。
マークシート用シャープもあります。また製図用シャープでも太目のものは使いやすかったりしますね。
created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥2,680 (2022/09/24 21:49:42時点 Amazon調べ-詳細)
使い慣れたものを持っていればそれを使うと良いと思います。
【任意の持ち物】
腕時計(机の上に置いてよい時計は、時計以外の機能の付いていない腕時計のみ)
⇒室内に時計がない場合、もしくは不正確な場合もあるとのこと、自分の時計を持参しましょう。
テキストやノートその他勉強教材(今まで使ってきたもの)
眼鏡等
※補聴器や拡大鏡(眼鏡型ルーペは除く)等を使用する場合には、あらかじめ「受検時特別対応申請書」の提出が必要となります。
11月に実施される第一次検定・第二次検定両方の受検者は午前と午後の通しとなりますが、この6月の前期試験は午前のみです。
よって昼食の心配をする必要はなさそうですね。

試験当日の注意事項(試験会場)

当日の注意事項です。

  1. 試験当日は入室時刻までに来場し、受検票の受験番号によって指定された席につき、受検票を机の上に置いてください。
    (受検票を忘失した方は、必ず受付で手続きをしてください。なお、手続きの際には、写真の貼付してある身分証明書(運転免許証等)を提示してください。)
  2. 試験室内では携帯電話・通信機能付腕時計等の電子機器・通信機器の使用を禁止します。時計代わりとして使用することも禁止です。電源を切っておいてください。
  3. 試験中、机の上に置いてよいものは、受検票、筆記具、腕時計のみです。これ以外のもの(筆箱、飲み物など)は、机の上に置かないでください。飲食することも禁止です。
  4. 試験会場内では、係員の指示に従ってください。
  5. 試験開始後1時間以内及び試験終了前10分間は、退室できません
  6. 喫煙は、指定の場所以外では厳禁です。
  7. 自動車・バイク等での来場はお断りします。(試験会場及びその付近には駐車・駐輪できません。)
    駐車違反等の呼び出しで試験室を離れた場合は、再入室できません。
  8. 試験問題・解答の書き写しは禁止します。また、不正行為を発見した場合は、厳正に対処します。
  9. 不正行為を行った者及び係員の指示に従わない者に対しては、受験を中止し退場を命じます。
  10. 問題用紙は、午前・午後の試験終了時までそれぞれ在席した者に限り希望者は持ち帰ることができます
  11. 温度調整のきく服装でご来場ください。

試験時間は2時間30分、出来れば水分補給は許可して欲しいなと思います。

基本的な注意事項は1級も2級も同様です。

問題用紙を持ち帰りたい場合は、最後まで在席しておく必要があります。

第一次検定は2時間30分は多くの人にとって長く感じると思います。

(それでも帰宅後に答え合わせしたい場合は残るか、選択した解答を覚えて帰るしかありませんね)

 

注意すべき事項は、

・入室時刻を守る。
・時計は通信機能付きは不可。
・試験問題や解答は他の媒体等に転記不可。

ですね。

コロナウィルス感染症対策についての注意事項

 

あとは、コロナ対策についての注意事項があります。

ざっくりまとめると、

  1. 試験当日に発熱があれば受検を控える。
  2. 試験日2週間以内に発熱や感染者との濃厚接触がある場合は、医師や保健所に相談の上、必要に応じて受検を控える。
  3. 試験中に体調悪くなったら試験監督に申し出る。
  4. 入室時の混雑を避けるために余裕をもって会場に来る。
  5. 受検者同士の対面での会話や飲食を避ける。また距離を置く。
  6. マスクの着用、咳エチケット、手洗い・手指の消毒。
  7. 試験室は換気のため、適宜、窓などを開けるので、服装に注意する。
  8. 会場内は全面禁煙(喫煙室などの利用も不可)

まあいわゆる一般的な感染症対策ですね。

不正行為による合格の取り消し

 

気をつけないといけないのは、不正が発覚した場合です。

建設業法施行令の規定に基づき、不正の手段による受験については、合格の取消し又はその受験を禁止することとなります。その処分を受けた者は、3年以内の期間を定めて受験を禁止されることがあります
建設業振興基金ホームページより引用

疑わしい行為は絶対やめておきましょう。

 

合格基準

合格発表日は7月5日火曜日です。

合格基準は得点が60%以上で合格です。

 

40問解答する必要があるので、24問以上の正答が必要です。

選択問題がありますが、選択数に誤りがないことが大切です。

※解答数が指定数を超えた場合は減点となります。

個人の成績の通知について

 

受検者のうち合格した場合は成績は通知されませんが、不合格の場合はある程度の目安がわかります。

第一次検定の場合、

第一次検定 ○○問正解

と通知されます。

注意書きとして、

※通知した成績に係る問い合わせにはお答えできません。
合格者については成績の通知は行いません。また問い合わせにもお答えできません。
まあ合格したら細かいことは気にしませんよね。

まとめ

以上、上記の内容は建設業振興基金及び国土交通省より発表されている内容です。

軽くまとめると、

  • 当日は余裕を持った時間で試験会場に到着しましょう。
  • 忘れ物はしないように要確認。
  • 文房具は自分に合ったものを持参する。
  • テキスト、ノートなどは気休めにもなるし勉強にもなるので持参しよう。
  • スマホやスマートウォッチの利用は不可。
  • 試験問題を持ち帰りたい場合は、試験最後まで退出しない。
  • 試験は基本、公共交通機関の利用を推奨。

では、皆さん本番頑張ってください。

最新情報をチェックしよう!