平成27年(2015年)2級建築施工管理技士 実地試験 問題4~5(問題&解答例)

前回の、

に引き続き、後半戦の問題4問題5に取り組んでいきましょう。

 

平成29年より以前は、受検種別毎の問題はありません。

過去問対策としては、受検種別毎に必要な問題に取り組んで良いと思います。

問題4 施工管理(正誤)

問題4 次の文章中,下線部の語句が適当なものは〇印を,不適当なものは適当な語句を記入しなさい。
1. 解体工事におけるカッター工法とは,ダイヤモンドを埋め込んだ円盤状の切刃 (ブレード) を高速回転させて鉄筋コンクリートの部材を切断する工法で,床及び壁などの比較的薄い部材の切断に用いられる。
解答・解説
(解答)〇
(解説)はい、この通り鉄筋コンクリートの部材を切断する工法です。頭に入れておくだけで良いでしょう。
2. 鉄筋の継手は,周辺コンクリートとの付着により鉄筋の応力を伝達する機械式継手と,鉄筋の応力を直接伝達するガス圧接継手,溶接継手などに大別される。
解答・解説
(解答)重ね
(解説)短い鉄筋を重ねて一本の様に配置して、コンクリートと一体化することにより、鉄筋に生じる力を伝達する方法です。鉄筋に生じる引張力(または圧縮力)は、重ね部分のコンクリートの付着応力が周囲のコンクリートへのせん断力となり、さらに他方への鉄筋へ付着力によって伝えられるという応力伝達のメカニズムになります。
JSCAより引用
3. 日本工業規格 (JIS) に規定するコンクリートの圧縮強度試験のための供試体は,直径の 2倍の高さをもつ円柱形とする。 その直径は粗骨材の最大寸法の 3倍以上,かつ,80mm 以上とする。
解答・解説
(解答)100
(解説)供試体は,直径の2倍の高さをもつ円柱形とする。その直径は,粗骨材の最大寸法の3倍以上かつ100 mm以上とする
JIS A1132より
4. 鉄骨工事における柱脚ベースプレートの支持方法であるベースモルタルの後詰め中心塗り工法は,一般にベースプレートの面積が小さく,全面をベースモルタルに密着させることが困難な場合,また,建入れの調整を容易にするために広く使われている。
解答・解説
(解答)大きく
(解説)ベースプレートが小さい場合は、全面モルタル塗りを行い仕上げるが、ベースプレートが大きい場合は、後詰め中心塗り工法が普通である
5. 金属板による折板葺きにおいて,重ね形の折板は,各山ごとにタイトフレームに固定ボルト締めとし,折板の重ね部は緊結ボルトで締め付ける。 緊結ボルトのボルト孔は,ボルト径より 0.5mm を超えて大きくしないようにし,その間隔は900mm 程度とする。
解答・解説
(解答)600
(解説)重ね形の折板は、各山ごとにタイトフレームに固定し、流れ方向の重ね部の緊結のボルト間隔は 600mm程度とする。
※建築工事監理指針より
6. 現場調合のセメントモルタルの練り混ぜは,機械練りを原則とし,セメントと細骨材を十分に空練りし,水を加えてよく練り合わせる。 下塗りモルタルは,上塗りモルタルに比べ貧調合とし,こてで十分に押さえ,こてむらなく塗り付ける。
解答・解説
(解答)富調合
(解説)下塗りは下地への付着を良くするために富調合とし、上塗りは貧調合とします。
7. 塗装工事における吹付け塗りは,スプレーガンを塗装面から 30cm 程度離した位置で,塗装面に対して直角に向け,平行に動かし塗料を噴霧する。 噴霧された塗料は,一般に周辺部ほど密になりがちであるため,一列ごとに吹付け幅が 1/3 程度重なるように吹付け,塗膜が均一になるようにする。
解答・解説
(解答)中央部
(解説)スプレーガンは噴霧するので、当然の事ながら周辺より中央部が密になるのは調べるまでもないですね。
8. 断熱工事における硬質ウレタンフォームの吹付け工法は,その主な特徴として,窓回りなど複雑な形状の場所への吹付けが容易で,継ぎ目のない連続した断熱層が得られること,平滑な表面を得にくいこと,施工技術が要求されることなどがあげられる。
解答・解説
(解答)〇
(解説)硬質ウレタンフォームの特徴は、
①目地のない連続した断熱層が得られる。
②接着剤が不要である。
③打ち込み後のコンクリート面が確認できる。
④平滑な表面が得にくく、断熱層の厚さが不均一になりやすい。
⑤施工技術が要求される。
※建築工事監理指針より

問題5 法規

問題5「建設業法」,「建築基準法施行令」 及び 「労働安全衛生法」 に定める次の各法文において,それぞれ誤っている語句の番号を 1つあげ,それに対する正しい語句を記入しなさい。
5-1. 建設業法 (第 26 条の 3 第 1 項)
主任技術者及び監理技術者は,工事現場における建設工事を適正に実施するため,当該建設工事の施工計画の作成①,工程管理,原価②管理その他の技術上の管理及び当該建設工事の施工に従事する者の技術上の指導③監督の職務を誠実に行わなければならない。
解答・解説
(解答)②品質  ※当初の解答記述に誤りがありました。申し訳ありません。
(解説)この条文は現在、建設業法26条の4第1項になっています。(主任技術者及び監理技術者の職務等)
施工計画の作成、工程管理と来ると、原価管理というより品質管理の方が説得性はありますね。まあこの当たりは覚えるしかないですね。
5-2. 建築基準法施行令 (第 136 条の 3 第 3 項)
建築工事において建築物その他の工作物に近接して根切り工事その他土地の掘削を行なう場合においては,当該工作物の基礎又は外壁①を補強して構造耐力②の低下を防止し,急激な排水を避ける等その傾斜又は倒壊③による危害の発生を防止するための措置を講じなければならない。
解答・解説
(解答)①地盤
(解説)第136条の3の3項(根切り工事、山留め工事等を行う場合の危害の防止)の問題です。
これは①に違和感を感じると思います。基礎とくれば地盤ですね。1級でも出題される条文です。
5-3. 労働安全衛生法 (第 61 条 第 1 項,第 2 項,第 3 項)
1. 事業者は,クレーンの運転その他の業務で,政令で定めるものについては,都道府県労働局長の当該業務に係る免許を受けた者又は都道府県労働局長の登録①を受けた者が行う当該業務に係る監理②講習を修了した者その他厚生労働省令で定める資格を有する者でなければ,当該業務に就かせてはならない。
2. 前項の規定により当該業務につくことができる者以外の者は,当該業務を行ってはならない。
3. 第 1 項の規定により当該業務につくことができる者は,当該業務に従事するときは,これに係る免許証その他その資格を証する書面③を携帯していなければならない。
解答・解説
(解答〉②技能
(解説)労働安全衛生法 (第 61 条 第 1 項,第 2 項,第 3 項)就業制限の問題です。
クレーンなどは監理講習ではなく、技能講習ですね。

まとめ

以上、6年前の平成27年の実地試験問題でした。

第二次検定試験前の最終チェックなどでご活用ください。

 

最新情報をチェックしよう!