【2021年】建設業技術検定の試験と資格制度について(1級建築施工管理技士補)

令和3年度より、施工管理に関する技術検定の試験・資格制度が来年から変わるのをみなさんご存知でしょうか?
改正の大きなポイントは『施工管理技士補』という新しい資格も生まれ、監理技術者補佐の役割が期待されていることです。

資格取得に関しては、資格の幅が広がりかつ、中間の階層(1級施工と2級施工の間)が生まれたことで、資格を取得するハードルが下がりましたが、一方で試験制度の見直しで初年度受検者は少し不透明で不安ですよね。

2020年(令和2年)5月25日の建設業法改正の内容(施行は令和3年4月1日より)

今回、建築施工管理技士の資格取得や試験に関係する法改正は2点です。

(1)技術検定の合格者に与えられる称号について(令第四十条関係)
改正法:これまで学科試験と実地試験により行っていた技術検定について、それぞれを独立の試験とし、第一次検定及び第二次検定として実施する
→技術検定の合格者に与えられる称号は、第一次検定に合格した者にあっては級及び 種目の名称を冠する技士補とし、第二次検定に合格した者にあっては級及び種目の名称を冠する技士とする。(例)1級土木施工管理技士補(1級の第一次検定に合格した者)

第一次検定に合格すると、1級建築施工管理技士補になり、第二次検定にも合格すると従来の1級建築施工管理技士となります。

(2)技術検定の受検手数料について(令第四十二条関係)
技術検定の受検者数の減少、試験回数・会場数追加による支出増などにより、受検者一人当たり費用が増加したことなどを踏まえ、受検手数料の引き上げを行う。
(例)・1級建築施工管理技術検定
学科・実地試験:各9,400円 → 第一次・第二次検定:各10,800円
・2級建築施工管理技術検定
学科・実地試験:各4,700円 → 第一次・第二次検定:各5,400円
※建築以外の各検定種目(電気や土木他)により料金は異なるので確認をしてください。

受検に関する費用が1,400円値上がりとなります。

今回の改正で資格取得に関係するのは以上2点です。

ではその背景と内容については次項にまとめます。今回の各種技術検定とは、建築だけではなく土木・電気・管・造園・電気通信などの試験及び資格を含みます

試験制度見直しの背景

この業界に従事している方ならば、認識しているかと思いますが、ここ数年建設業は蔓延的な人手不足と高齢化が問題になっています。ここ数年の解決すべき課題として、

  • 建設業就労者の高齢化と、一方で若年層が入ってこない、かつ離職者が増える傾向。
    (建設業は不人気ですね)
  • 試験合格者の平均年齢が上がっている、資格者(監理技術者)の平均年齢も高くなっている。
  • 監理技術者が絶対的に不足している。
  • 資格者のキャリアステップの階層が少なく、実質1級と2級しかない。
  • 2回連続して実地試験に不合格となると、再度学科試験に受験(再チャレンジ)する人が大幅に減っている

など多くの課題を国土交通省としても持っていました。国土交通省資料を参考

現場の熟練工は高齢化しており、人手不足による仕事の忙しさもあり労働時間が長い建設業は昨今は若年層からの人気も少ない業種と言えるでしょう。そして学科試験と実地試験の難易度の格差も大きく、学科試験は受かっても実地試験になかなか合格しない人も多く見てきました。

そう言った多くの課題の解決の一つとして、資格の体系を見直したのが次項です。

試験制度見直しの内容

まず現行の試験と資格制度はみなさんご存知の通り下記の通りとなっています。

学科試験(合格)→実地試験(合格) →1級建築施工管理技士の資格を取得
学科試験(6月)に受かって実地試験(10月)を受ける順番で合格発表は次の年の2月と合格するまで期間の長い資格になっています。また学科試験に合格したものの、実地試験に2度連続して不合格だとまた学科試験から受検しなければなりません。こうなるとまた再度最初からチャレンジするモチベーションは著しく落ちるのは間違いありません。
ちなみに私の場合は学科試験は一度で合格したものの、実地試験は1度目は仕事があまり多忙な時期で勉強が続かず、受検を断念して2年目の実地試験でなんとか合格しました。(言い訳ですがw)
そして2021年度以降は下記の通りの制度になります。
第一次検定(合格) →技士補の資格を取得 → 第二次検定(合格)→1級建築施工管理技士の資格を取得
1級の第一次検定を合格すると『技士補』の資格を得ることになります。大きなポイントとしては、技士補になった時点で資格の取得が成立するので、次の1級建築施工管理技士の資格を取得するには、第二次検定を受検して合格すれば良いということです
つまり第一次検定は合格し、技士補の資格を取得する。その後第二次検定で不合格になっても、翌年以降第二次検定からの試験からスタートになるという事です。これはとても大きいですね。
国土交通省ホームページより引用
これによりキャリアステップの階層が増えることになり、経験や知識に応じて段階的にキャリアステップを踏めますね。
これで資格取得そのものを断念するという人は減るのではないでしょうか。

技士補の役割について(1級建築施工管理技士補)

令和2年10月1日から建設業法第26条第3項の規定により、監理技術者の職務を補佐する者を専任で配置することによって監理技術者が兼任できることとなります。来年以降にこの監理技術者の職務の補佐(監理技術者補佐)をする役割として目されているのが『技士補』となります。

距離がそう遠くない2つの現場において、兼任するのが特例監理技術者であり、その下に専任の補佐としてつくのが技士補です。とても重要な役割りとも言えますね。技士補で経験を積みながら、第二次検定を受けて合格して1級建築施工管理技士になるステップはとても良いと思います。結果的には1級建築施工管理技士の資格の価値も上がるのではと思っています。

新しい試験制度はどうなる?

学科試験と実地試験のセットから、第一次検定と第二次検定という2つの異なる技術検定になります。
ですので今までの試験制度は2020年度で一旦終了、来年度以降は新たな試験制度に変わります。
現段階で発表されている内容は、
  • 第一次は従来の学科試験の問題(知識)+施工管理を的確に行うために施工管理法の「応用能力」の設問を追加
  • 第二次は実務経験に伴う経験記述及び従来の記述問題と学科試験で問われていた知識問題
1級第1次検定に合格した1級技士補は、監理技術者補佐として現場に配置できる。このため、1級第1次検定の試験問題には、施工管理を的確に行うために施工管理法の「応用能力」の設問を追加。2級第1次検定にも、これまでの学科試験にはなかった施工管理法の「基礎的な能力」を問う問題を追加する。
12月18日の建通新聞より引用

そして国土交通省よりも来年度の試験スケジュールが発表されています。基本的には例年通りのスケジュールで行う予定となっています。

関連記事

2021年度は各種施工管理技士の技術検定の試験制度と資格制度が変わるよ、って記事を書きました。 ⏩【2021年】建設業技術検定の試験と資格制度について(1級建築施工管理技士補) また2020年は大幅にスケジュールが変わって[…]

現段階で出題範囲は下記の通りで発表されています⬇️

関連記事

令和2年12月18日付で、令和3年の技術検定(施工管理技士)の第一次・第二次検定のスケジュールが発表されたのは、下記の記事で紹介しました。 ⏩【令和3年】各種技術検定の日程が発表されました。(1級建築施工1次・2次検定) […]

さて2020年度の学科試験を合格して、2月に実地試験受検の方は頑張って合格しておきたいところです。

・実地試験に不合格になると、来年度の2次検定からの受検は可能だが、出題内容が変わりまた勉強が少し大変になる。。
(実地2度不合格者は受検不可)
・また2月21日の受検段階で、今年の第一次検定の申込受付は終了している。(今年の技士補取得は難しい
と言うことで残りの短い機関ですが勉強をがんばりましょう。

まとめ

今回の制度改正により、一番良いなと思うのは資格取得のハードルが下がった事が大きいですね。まずは『技師補』の資格を目標にするという事も可能です。やはり従来の学科と実地の試験のレベルは少し大きいと感じている人も多いと思います。

関連記事

さて令和3年と新しい年を迎えました。 残念ながら相変わらずのコロナ禍の中、昨年の年明けと比べると景気状況含めて先行きがみえにくい世の中になっています。比較的影響の受けていない建設業で働く人もいるかと思いますが、持つ顧客によっては打撃を[…]

 

そして、自分の中で一つずつステップアップしながら、仕事においてのキャリアアップも全然ありですね。企業によっては技士補でも重宝される会社もあるかと思います。

  • 自分の入りたい会社を探して求人に応募する。
  • 転職エージェントに登録して、自分の経験に見合った会社を探す。

転職への参考記事↓

関連記事

コロナ禍の中、以前ほどの人手不足感は和らいでいる感はありますが、それでも建設業の施工管理の仕事をしている人は業務に追われて多忙な方が多いのではないかと思っています。 私もその昔は残業は当たり前で、19時に会社を出れたらかなり早いなとい[…]

 

最新情報をチェックしよう!