【2021年】1級建築施工管理技士 第二次検定対策〜問題1-1.施工経験記述

本年度(2021年)よりスタートする1級建築施工管理技士の第二次検定。昨年までは実地試験という名称でした。

名称が変わっても今回取り上げる施工経験記述対策については変わりはないと思います。

さてその施工経験記述の問題は問題1-1での経験記述問題1-2は一般的な考えや経験で得た取り組み2つの問題で構成されています。この章は問題1-1の施工経験記述の出題についてまとめています。

 

1級建築施工の技術検定の第二次検定と言えば、『施工経験記述』です。出題される問題の中でも一番配点比率が高いと想定され、ここを押さえると合格への道の第一歩につながります。

問題1の出題内容

 

過去10年の出題されたテーマです。

2020年(令和2年)施工の合理化⇦new!
2019年(令和元年)品質管理
2018年(平成30年)建設副産物
2017年(平成29年)施工の合理化
2016年(平成28年)品質管理
2015年(平成27年)建設副産物
2014年(平成26年)品質管理
2013年(平成25年)施工の合理化
2012年(平成24年)建設副産物
2011年(平成23年)品質管理
2010年(平成22年)施工の合理化

ここ10年出題されている施工経験記述のテーマは『品質管理』、『建設副産物』、『施工の合理化』の3つとなっています。基本的には出題ローテーションも決まっていましたが、2016年(平成28年)には『施工の合理化』の順番でしたが、『品質管理』が出題されました。

これ以降は多くの受検者の方は、この3つのテーマをきっちり勉強していくという方が増えたと思います。(専門学校では一通り勉強します。)

過去4年間の出題(品質管理・建設副産物・施工の合理化)

ここ4年の出題内容です。

2020年
(令和2年)
施工の合理化1.  工事概要であげた工事において,   あなたが実施した現場における労務工数の軽減,  工程の短縮 などの施工の合理化の事例を 2 つあげ,  次の①から④について記述しなさい。 ただし,  2つの事例の②から④は,   それぞれ異なる内容を具体的に記述するものとする。
① 工種又は部位等
② 実施した内容と品質確保のための留意事項
③ 実施した内容が施工の合理化となる理由
④ ③の施工の合理化以外に得られた副次的効果
2019年
(令和元年)
品質管理1. 工事概要であげた工事で,あなたが重点的に品質管理を実施した事例を 2つあげ,次の①から③について具体的に記述しなさい。ただし,2つの事例の工種名は同じでもよいが,他はそれぞれ異なる内容の記述とする。
① 工種名要求された品質及びその品質を実現させるために設定した品質管理項目
② ①の品質管理項目を設定した理由
③ ①の品質管理項目について,実施した内容及び留意した内容
2018年
(平成30年)
建設副産物1.  工事概要であげた工事において、あなたが実施した建設副産物対策に係る 3 つの事例をあげ、それぞれの事例について、次の①から④を具体的に記述しなさい。
ただし、3つの事例の③及び④はそれぞれ異なる内容の記述とする。
なお、ここでいう①建設副産物対策は、発生抑制、再使用又は再生利用とし、重複して選択してもよい。
① 建設副産物対策(該当するものを1つ○で囲むこと。)
② 工種名等
③ 対策として実施したことと実施に当たっての留意事項
④ 実施したことによって得られた副次的効果
2017年
(平成29年)
施工の合理化1.工事概要であげた工事において、あなたが計画した施工の合理化の事例を 2 つあげ、それぞれの事例について、次の①から④を具体的に記述しなさい。 ただし、2つの事例の②から④の内容は、それぞれ異なる内容の記述とする。
① 工種又は部位等
② 施工の合理化が必要となった原因と実施した内容
③ 実施する際に確保しようとした品質と留意事項
④ 実施したことにより施工の合理化ができたと考えられる理由

このような出題内容になっています。

この勉強に際しての取組みのポイントを把握するために、2020年と2017年のそれぞれの施工の合理化の問題を見てみましょう。

2020年2017年
①工種又は部位など①工種又は部位など
実施した内容と品質確保のための留意事項② 施工の合理化が必要となった原因と実施した内容
③ 実施した内容が施工の合理化となる理由③ 実施する際に確保しようとした品質と留意事項
④ ③の施工の合理化以外に得られた副次的効果④ 実施したことにより施工の合理化ができたと考えられる理由

問われている内容は概ね同じですが、それをどこで解答するかが異なっていますので、単に丸暗記をすると応用が効かなくなることがわかると思います。

例えば②の記述ですが、

2017年・・・天候不順で外壁工事の遅れが想定されたので、〇〇工法を監理者の承認を得て〇〇工法に変更した。
2020年・・・監理者の承認を得て〇〇工法を〇〇工法に変更したが、接着力を確保するために〇〇の厚さに留意をした。
内容に特に意味はありませんが、模範的な記述としてこのように書き方が異なってきます。
問題で問われている内容通りに記述することがとても大事にです
こういう対応力がないと、少し問われ方が変わると得点に大きく影響することに注意して欲しいですね。

別の記事でテーマ毎のポイントをまとめています。(こちらも随時アップデート)

品質管理

関連記事

この記事は2019年初稿で2020年に更新した記事です。2021年度の第二次検定向けに下記記事を書き下ろしています。よければこちらを読んでください。【2021年】1級建築施工管理技士 第二次検定対策-施工経験記述(品質管理)[…]

建設副産物

関連記事

2021年度の1級建築施工管理技士の第二次検定対策の施工経験記述対策、今回は『建設副産物』です。昨年は『施工の合理化』が出題され、例年通りの順番ならば今年は『建設副産物』ですね。 ゼネコン勤務の方なら比較的[…]

施工の合理化
関連記事

令和2年(実施されるのは令和3年)の1級建築施工管理技士の実地試験日まで近づいてきました。各問題の対策への勉強と施工経験記述のまとめで一番忙しい時期になっていますね。本年度の実地試験の施工経験記述は例年のローテーションを考慮[…]

記述のポイント

施工経験記述の問題に対する出題者の意図はなんだと思いますか?

 

1級建築施工管理技士の資格を得て、監理技術者講習を受け資格証の公布を受けると監理技術者になります。つまり、あなたが監理技術者に足りうる現場経験(指導監督的)と、資格者にふさわしい知識や応用能力を持っているかが重要な判断ポイントだと考えてください。

・施工時において、正しく品質管理(重点管理項目とその管理値を理解している)をして、建物施工が出来るか?
・現場では法規を理解しながら、発生材を減らし、廃棄物を減らす取り組みを行っているか?
・品質を維持することはもちろん、現場状況で工程の遅れなどに際して施工の合理化などで臨機応変に対応出来るか?
1級建築施工管理技士は受検資格に一定の実務経験と1年以上の指導監督的実務経験を必要とします。その実務経験にふさわしい工事の施工経験を正しく、正確に表現する能力が求められていると言って良いでしょう。
そういった事から記述の際のポイントをまとめておきたいと思います。
・正しい専門用語を理解して表現する。(専門用語の誤字は絶対に避けたい
・文字は丁寧にわかりやすく書く。(読めない文字は監理技術者に相応しくないと思われても仕方ありません)
・正しく表現できる能力→設問における解答の空欄は極力8割方は埋めれるように記述する。
・理想はここ5年前後の施工経験の記述をする。(10年以上前の経験は極力避けたい)
・メーカーの製品名で書かないようにする。(あくまでも一般名称を使う)
・日本国内の工事の記述をする。
・未竣工の工事の記述はしない。

施工経験記述は、素晴らしい施工の経験を記述する問題ではなく、あくまでも自分が経験した工事において、どう対処して工事の施工管理を行ったかを正しく、簡潔に表現する事が重要です。

空欄を綺麗に埋める工夫は必要ですが、問われていない内容まで記述しないようにしましょう。

 

そして何より重要な事として、対策本の例文の丸暗記はやめましょう

先程の施工の合理化の事例を見ても、同じテーマであっても全く同じ出題ではなく、少しニュアンスを違えて出題される可能性があるし、対策本はあくまでも内容をシンプルにまとめている場合が多いので、それを書いて正解するとは限りません。
(このサイトの施工経験記述例も同様です)

あくまでも自分で論理構成を組み立てて自分の文章にする必要があります。

対策本は自分がうまく表現できない際に、文章の書き方や文章構成を参考にして、そこから自分オリジナルを作成できるのがベストです。

施工経験記述の工事概要について

工事概要の書き方はこちらにまとめています。

関連記事

2021年の第二次検定対策、おそらく今年も問題1は施工経験記述です。合格のためのとても重要な問題ですが、具体的な記述を書く前の工事概要で既にミスをしてしまう人も意外と多いように思います。自分の施工経験の中でどの工事概要を選択[…]

・必ず建築工事である事。
・実在する施設や住所である事。
新築工事か改修工事、大規模修繕工事かを明確にする事。
・規模は監理技術者に相応しい規模が理想。
工事規模はある程度のものが望ましいですが、必須でもないと思います。指導的監督経験がその文章から伝われば良いでしょう。

その他重要なポイントをまとめているので参照してください。

 

工事概要に記載する工事で改修工事大規模修繕工事での留意ポイントだけ改めて書いておきます。

・改修工事や大規模修繕工事は実施した工事の施工数量・規模を明記する。(屋上ウレタン塗膜防水工事 ○○m2)
・工事の内容(工事概要)に記載していない工事を、経験記述に書いてしまう人が多いように思う。

対策本を参照して施工経験を記述してしまった場合、『工事の内容』の欄に記載されていない工事の経験記述を書いてしまう事があります。気をつけるようにしましょう。

まとめ

施工経験記述は各関連記事に詳細を書いています。また2021年2月の試験日程までまだ時間があるので、実地試験関連の記事については、定期的に内容をアップデートしていく予定です。

問題1-2 施工経験記述(施工の合理化)の対策記事はこちら↓

関連記事

このサイトはここ10年の施工経験記述に出題されている3つのテーマ(品質管理・施工の合理化・建設副産物対策)についてはまとめているが、あくまでも問題1-1の対策のみでした。今回、施工経験記述の問題1-2の過去の出題内容とその対策について考えて[…]

問題1-2 施工経験記述(建設副産物)の対策記事はこちら↓

関連記事

施工経験記述の問題は、問題1-1 工事概要であげた工事において問題1-2 工事概要にあげた工事にかかわらず,   あなたの今日までの工事経験に照らして例年、この2つの問題構成で出題されています。問題1-1はいわゆる施工経[…]

問題1-3 施工経験記述(品質管理)の対策記事はこちら↓

関連記事

さて、施工経験記述の問題1-2の傾向と対策シリーズです。『建設副産物』に続き今回は『品質管理』の問題1-2の傾向とその対策についてまとめたいと思います。施工経験記述は2つの問題から構成されていて、問題1-1 工事概要であげた工事[…]

アップデートした際はTwitterでも告知していくので、そちらをフォローして参照頂けると幸いです。

参考書籍

created by Rinker
彰国社
¥3,960(2021/07/28 15:24:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
市ケ谷出版社
¥3,080(2021/07/28 12:06:06時点 Amazon調べ-詳細)

↑この2冊は施工経験記述例が比較的多く記載されています。(2021年版がまだ販売されていません)

最新情報をチェックしよう!